インフルエンザ治療薬の種類

ウイルスから身を守る男性 インフルエンザウイルスに感染した場合は、症状があらわれてからできるだけ早い段階で治療薬を投与するのが有効です。
現在、日本でインフルエンザ治療薬として用いられている薬は5種類があり、患者の状態に応じて使い分けられています。
5種類あるインフルエンザ治療薬は、ウイルスが細胞の外へ遊離する過程を阻害するタイプの薬と、ウイルス増殖の初期過程である細胞への吸着、侵入、脱殻の過程を阻害するタイプの2タイプに分けることができます。
このうち、種類が多いのは前者のタイプで、タミフル(オセルタミビル)、リレンザ(ザナミビル)、イナビル(ラニナミビル)、ラピアクタ(ペラミビル)の4種類が該当します。
一方で、後者のタイプに該当するのは、現在のところはシンメトレル(アマンタジン)だけとなっています。

インフルエンザ治療薬のうち、とりわけよく患者に出されているのはタミフルリレンザです。
タミフルは飲み薬で、成人にはカプセルタイプが、飲み込む力が弱い小児および高齢者にはドライシロップタイプが用いられています。
リレンザは吸入薬で、薬剤が封入されている円盤状のアルミシートを専用の吸入器にセットし、シートを破って吸入口から薬剤を吸い込みます。
日本の医療現場ではタミフルとリレンザはほぼ治療目的のみで用いられていますが、予防目的で用いることもでき、薬剤を投与している間予防効果を得られます。

一方で、近年はタミフルやリレンザに対して耐性を持っている新しいタイプのインフルエンザウイルスも出現しており、このようなタイプのウイルスに対しては、イナビルやラピアクタといった後発の治療薬が用いられます。
イナビルは吸入薬ですが、リレンザのように吸入器と薬剤が別々となっておらず、容器をそのまま口に加えて吸入します。
ラピアクタは点滴薬で、他の治療薬より強い作用があります

まずタミフルの効能を知りましょう

内科クリニック受付タミフルといえば、インフルエンザの治療薬として有名です。
しかしどうやってインフルエンザを治すのかは、意外と知られていないようです。
タミフルがインフルエンザの治療に使用されるのは、実は、インフルエンザウイルスが増殖するのを防ぐ効能があるからなのです。
インフルエンザウイルスは、増殖の際にノイラミニダーゼという酵素を必要とします。
しかしタミフルには、このノイラミニダーゼの物質を阻害する効果があります。
ウイルス増殖に必要な物質が作られるのをを防ぐため、もしウイルスが体内に入って来ても、症状がひどくなる確率はきわめて低いです。
このためタミフルは治療薬のみならず、予防薬として使用することもできるわけです。

ただしインフルエンザ発症後、2日が経過してしまうと、タミフルの効能はあまり期待ができなくなります。
タミフルは服用後4時間ほどで効果が現れますが、その一方で、あまり日数が経ってしまうと効果が得られなくなりますので、インフルエンザに罹ったと思ったら、早めに病院に行って処方してもらうことをお勧めします。
尚タミフルは市販薬ではなく処方薬なので、まず病院で医師に処方箋をもらったうえで、調剤薬局で購入することになります。

しかし、早めに飲んだのに効かないということもたまにあります。
これは、タミフルが効かないC型のインフルエンザに罹っている可能性があります。
もっとも一般にインフルエンザといえばA型またはB型で、C型はごくまれです。
また服用期間は5日間と決められていますので、これは必ず守るようにしてください。
熱が下がったなどの理由で勝手に中止してしまうと、ウイルスがまだ体内に残っていて、周囲の人を感染させてしまうことがあります。

タミフルの入手法

病院に行かないと手に入らなかったタミフル、実は最近では通販でも購入できるそうです。
タミフルが売っている通販

次はリレンザの効能を知る

インフルエンザの治療薬を飲む人リレンザは吸入式で使用するインフルエンザの治療薬です。
インフルエンザウイルスが持つノイミターゼと呼ばれる酵素の働きを阻害する効果があり、伴ってウイルスの増殖・感染を抑える事によって治療を図る事が出来ます。
但しノイミターゼはインフルエンザウイルスの中でもA型・B型が保有している酵素であり、全く別の酵素のみで増殖・感染を図るC型には効果を発揮しません。
拠って使用に際してはウイルスの型を簡易的にでも判定した後に、使用の可否を決めるという手順を踏みます。
リレンザの特徴としては、吸入式である事からウイルスの増殖場所となり易い気道の粘膜に直接散布されるような形となるので、即効性が期待出来る薬剤となっています。

その為、感染したインフルエンザが初期症状に留まっている段階で使用すると、そのまま軽快して行く可能性が考えられます。
また症状が続いた場合であっても、結果的に回復までの期間短縮を期待する事が出来ます。
一方、ウイルスが一定以上の増殖を既に果たしていて本格的な症状が出ているケースでは、更なる増殖こそ抑えられるもののウイルスを消失させる訳では無いので、使用しても治療には時間を要する事となります。
こうした事から、リレンザの使用は感染の兆候が見られてから48時間以内に開始される事が望ましいとされています。

リレンザの使用においては1日2回の吸引を行い、5日間で1つのキットを使い切るようにします。
途中で症状が軽快した場合であっても、残存しているウイルスの働きを抑える目的で服用を続ける事となります。
こうした形での使用は、先の感染で体力が落ちているところに別の型のウイルス感染を起こさないようにする予防目的も兼ねています。