インフルエンザの感染原因と改善には葛根湯

インフルエンザにはA型・B型・C型という3つの種類があり、それぞれ感染した際に発症する症状に違いがあります。
毎年のように冬になると国内をふるうのは、インフルエンザA型です。

インフルエンザA型の特徴

A型のウイルスは変異しやすく、また種類も144種類と多く毎年のように小さい変化が起こっています。
「新型インフルエンザ」と言われるものは、このA型が引き起すと言われています。
インフルエンザA型は感染して症状が出るまでの潜伏期間は、約1日から3日です。
インフルエンザウイルスは体内に入り込むと、ものすごい勢いで増殖していき、わずか1日という短い潜伏期間を経て、症状が出るケースも少なくありません。

インフルエンザB型の特徴

インフルエンザB型はA型の流行が終わった時期に、感染者が増えるのが特徴のウイルスです。
2月から3月に患者数が増えます。
このB型は「ビクトリア型」と「山形型」という2つの種類に分けられます。
A型のように細かい変異は起こさないウイルスです。
B型もA型同様、潜伏期間は約1日から3日と言われています。

インフルエンザC型の特徴

インフルエンザC型は大人であれば、ほぼ大半の方が抗体を持っているウイルスです。
約7歳までには1度感染し、抗体が作られると言われています。
抗インフルエンザ薬は効果を発揮しないウイルスとしても知られています。
症状も軽度という事もあり、C型の予防接種は行われていません。
C型の潜伏期間も約1日から3日程度です。

インフルエンザA型・B型・C型の感染経路

A型とB型のウイルスは予防接種を受ける事によって感染を予防し、感染したとしても症状を軽く抑える事が出来ます。
出来るだけ予防したいという場合は、毎年予防接種を受けましょう。
A・B・C型それぞれの感染経路としては、飛沫感染が挙げられます。
人の席やくしゃみ、会話の時に飛散したウイルスに感染するのが飛沫感染です。
また、飛沫感染の他に感染経路としてはドアノブなどに付着したウイルスに触ってしまい、体内に感染してしまう接触感染も少なくないようです。

インフルエンザには漢方薬の葛根湯が効く?

漢方薬は東洋医学で用いられており、西洋医学の薬よりも副作用が少なく、臓器への負担が少ないことで好まれています。
簡単に薬局で購入して手に入れることもできますが、医師からの処方で受けることもできるため心配な場合は一度、医師に相談して処方してもらうこともできます。
他科薬の飲み合わせや持病がある場合は薬局などの薬剤師か医師へ相談した方が事前に重篤な副作用の出現を防ぐことができます。
顆粒や液体がありますが、効果は同じであるため好みの物を選んでも問題はありません。
実は、漢方である葛根湯はインフルエンザには効果がありません。
それは西洋医学の薬も同様です。

葛根湯はインフルエンザに直接効果があるわけではない

葛根湯にはインフルエンザの原因であるウイルスを除去する効果はないためインフルエンザに直接効果を示しませんが、症状を緩和する効果があるため、本来、身体が持っている免疫力のサポートを行ってくれます。
つまり、完全に症状が出現してしまったら葛根湯のサポートだけでは症状を抑えることができない可能性があります。
そのため服用するのは、悪寒や熱っぽい、少し喉が痛いなどの軽い症状が出現した時に効果があります。
特に効果を示すのがA型インフルエンザです。
インフルエンザにも型がありA型、B型でも出現する症状は異なります。
葛根湯の効用として発汗作用や体熱感、疼痛、腫脹の軽減があり、A型は高熱や咽頭部位の症状が主であるため、葛根湯の効果を感じやすくなります。

葛根湯を飲む前に注意すること

葛根湯の服用条件として体が虚弱な人、胃腸が弱い人、発汗が多い人には向いておらず、体力が充実していなければなりません。
そのため高熱、咽頭痛が出現していても、下痢や嘔吐などの消化器系の症状を呈している時に服用してしまうと、副作用が出現してしまう可能性があるため注意が必要になります。
葛根湯が全てのインフルエンザの症状に効果を示すのではなく、特定の症状に効果を示すため自分自身に出現している症状に合わせた服用をしなければなりません。